Montre 35th Anniversary

モントーレ香椎浜サーフタワーセンターコート

モントーレ香椎浜サーフタワーセンターコート

    2019年03月28日

    免震装置の施工見学をしてきました!

    ブログをご覧の皆様、こんにちは。
    気温の寒暖差はあるものの心地良い暖かさを感じられるようになりましたが、皆様いかが
    お過ごしでしょうか。

    さて、今回は【モントーレ香椎浜サーフタワーセンターコート】免震装置を施工している
    様子を見学してきましたのでご紹介致します!

    その前に、、、
    改めてですが、当マンションは免震構造を採用した超高層タワーマンションとなっております。

    では免震構造とは?

    地震エネルギーが 直接建物に伝わりにくい構造。

    地震時には、荷重を支えながら水平方向に大きく変形する『積層ゴム』と振動エネルギーを吸収し、
    建物の揺れを素早く抑える役目を担う『ダンパー』から構成されています。建物の損傷を軽減させる
    だけでなく、家具・家電等の転倒などの二次災害からも暮らしの安全を守ります。


    簡単なイメージ図で他の構造と比較するとこのような感じです。

    地震対策

    さらに詳しい内容や、福岡市内の施工数、大地震時における調査報告などは公式ホームページにて
    ご覧くださいませ!(一般社団法人 日本免震構造協会HPへのリンクバナーも掲載しております。)


    それではいよいよ、見学してきた現場の様子をご紹介致します!


    まず、こちらは免震装置を設置しているピットです。ピットの壁にはしっかりと防水処理が施されています。



    上空から見るとこの様になっております!




    構造構造

    こちらは、地震の揺れを吸収する積層ゴムアイソレーターです。



    この免震装置の上に建物が建築されていきます!
    クレーンで吊り上げ、設置します。



    ボルトを規定のレベルまで締め付けます。



    こちらはエレベーターピット(ここに3基と、反対側にもう3基の計6基のエレベーターを設置します。)
    で、柱や地中梁を施工中です。柱の下の青いシート部分は先程の積層ゴムアイソレーターです。



    少ない写真ではございましたが中々見ることができない免震装置施工の様子はいかがでしたでしょうか?

    その他、今回使用している免震装置のメーカー様にご協力頂き、製品検査に立ち会った際のレポートも
    ございます。ぜひご覧くださいませ!

    ↓ レポート①(倉敷化工株式会社様)
    https://seibuhouse.co.jp/pdf/20190329_01.pdf
    ↓ レポート②(昭和電線ケーブルシステム株式会社様、普代産業株式会社様
    新日鉄住金エンジニアリング株式会社様)
    https://seibuhouse.co.jp/pdf/20190329_02.pdf


    日本国土開発株式会社様をはじめとした施工会社様、現場の職人の皆様、各メーカー様、ご協力頂いた皆様
    誠にありがとうございました!製品検査の立ち合いから施工現場の見学まで、大変貴重な経験となりました!

    以上、現場見学のご紹介でした<(_ _)>